Uber Eats(ウーバーイーツ)のドライバーの平日は鳴らないのでしょうか。

Uber Eats(ウーバーイーツ)が鳴らない

Uber Eats(ウーバーイーツ)が鳴らない場合には以下の原因が考えられます。

顔写真の認証

Uber Eats(ウーバーイーツ)のアプリをオンラインに変更しようとすると顔認証を要求されることがあります。

顔認証をしないとオンラインにできないので、写真を撮影してからはじめてください。

コロナ対策

アプリを起動すると定期的にコロナ対策しているか確認されます。

マスクの着用、手洗いうがいなどコロナの対策する必要があります。

電波がない

回線状況によってはUber Eats(ウーバーイーツ)のアプリが起動していない可能性があります。

wifiがOFFになっていたり、スマホが機内モードになっているなどの理由が考えられます。

回線の状態をチェックしてみて下さい。

サービス停止

Uber Eats(ウーバーイーツ)は基本的に早朝から深夜まで年中無休で稼働できますが、台風などの状況によってはサービスが停止するおそれがあります。

アプリのお知らせやSNSなどで確認してみましょう。

サービスエリア範囲外

サービスエリアは全国に拡大しています。

ただし、サービスエリアの範囲外ならUber Eats(ウーバーイーツ)は鳴らないですね。

東京や大阪など都会ならサービスエリアは気にすることはありません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は鳴らないことはないけどなりにくい

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、鳴らないことはないけど鳴りにくい場合があります。

夏や冬、晴れの日や雨の日によって変わってきます。

夏と冬はなりやすい

夏と冬は注文が増える傾向にあります。

夏は暑いし、冬は寒いので自宅から出たくないことが考えられます。

春と秋は逆に注文が減って、配達パートナーが増えるので鳴りにくいことが多くなります。

晴れの日は鳴らない?

晴れの日と雨の日と比較すると晴れの日の方が鳴らないことがあります。

晴れの日は配達パートナーが多いですが、雨の日は配達パートナーが少ないので鳴りやすくなります。

天気が悪い日にUber Eats(ウーバーイーツ)をやると普段より稼ぎやすくなると思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)が鳴らない時間帯や曜日はいつ?

Uber Eats(ウーバーイーツ)がならない時間帯や曜日はいつになるのでしょうか。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のピーク時間は、11時~13時、18時~20時になります。お昼の時間や夕食の時間は他の時間よりなりやすくなります。

上記の時間より他の時間は鳴りにくい傾向になります。

平日より土曜日、日曜日、祝日の方が鳴りやすくなるので、休日に働いた方が稼ぎやすいです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)を鳴りやすくする方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)を鳴りやすくする方法を紹介します。

menuデリバリー、wolt、foodpandaなどと一緒に稼働することで鳴りやすくすることはできます。

配達の応答率を高く保つ

Uber Eats(ウーバーイーツ)のアプリを起動するとリクエストがなります。

そこで拒否ボタンを押すと応答率が下がります。応答率が下がるとリクエストが鳴らなくなる可能性もあるかと思います。

ただし、応答率によってリクエスト数が減るというのは、Uber Eats(ウーバーイーツ)側が公表しているわけではありません。

配達を始めたころは、ピックアップまでの距離が長くてもとるようにしましょう。全部のリクエストに対応することは難しいので、80%以上を目指して稼働して下さい。

キャンセルをしない

配達のリクエストを受けた後にキャンセルすることができます。

リクエストを受けると店舗の位置や配達する商品がわかります。なので、行きたくない店舗や運びたくない商品があればキャンセルできます。

キャンセルをしすぎると配達のリクエストがなかなか来なくなることが考えられます。

1回や2回くらいキャンセルしても問題はありませんが、あまりに多いとリクエストがこなくなるという噂があります。

リクエストを受けてからはなるべくキャンセルせずに配達するようにしましょう。

現金の配達をONにする

Uber Eats(ウーバーイーツ)で現金をONにすることでリクエストが鳴る確率は上がります。

現金で配達したくない場合にはOFFにすることもできます。

ただし、現金を持ち歩くことや現金を受け取ることになるので、少し時間がかかります。

現金での配達はUber Eats(ウーバーイーツ)に慣れてきてから始めると良いと思います。